梅雨

ビジネスマン必見!雨の日でもビジネスシーンで使える靴を紹介しちゃいます!

投稿日:

雨による水たまり

ビジネスマンにとっても、雨はイヤな天気ですよね。特に革靴は雨に弱いので、気を使う方も多いはず。どれだけ気を使っても、靴は濡れてしまいますし、少し雨が強い日には靴下まで濡れてしまって、気分も最悪…

雨の多い季節にはレイングッズを特集した売り場も見かけるけど、女性ものが多くて、メンズ商品は少ないんですよね。革靴の雨対策となると、防水スプレーや撥水クリームですが、雨が強い日には限界があります。

雨に強い靴といえば長靴ですが、最近では、アウトドアブームもありますから、おシャレな長靴もたくさん出てきています。とは言っても、さすがにビシネスシーンでは長靴というわけにはいかない人も多いと思います。

レインシューズを選ぶ2つのポイントとは

最近では、メンズ向けレインシューズのラインナップも充実しています。選び方のポイントとして、「靴底」と「機能(防水か撥水か)」の2点がありますので、ご紹介します!

靴底は「ラバーソール」がマスト

まずは「靴底」の選び方です。靴底は「ラバーソール」であることが大前提となります。靴底が革製の場合は、雨を染み込みやすいですし、雨を染み込んだ靴底は丁寧にアフターケアをしないと、乾いたときに割れてしまったりします。

ラバーソールも製法によって種類が分かれますが、その違いは靴底の接着の方法です。高級な革靴ほど靴底を縫い付けているものが多いのですが、当然縫い目から水が染み込んでくる可能性も高くなります。

一方で、靴底を接着剤で貼り合わせる製法もあります。セメンテッド製法と呼ばれていますが、縫い目がないことにより、雨が靴の内部に染み込みにくいという特徴があります。

雨対策には、防水機能と撥水機能がある

レインシューズ を選ぶにあたってもう1点気をつけたいのは、「防水」か?「撥水」か?です。防水と撥水、実は意味も機能もだいぶ違うため、まずはそこから説明していきます。

防水機能とは、水が内部に染み込むことを防ぐ(水を内部に通さない)機能です。対して撥水機能とは、表面で水を弾く機能です。一般的に、防水機能が素材そのものの機能とすると、撥水機能は素材の表面を加工することにより得られる機能です。

ですから、実は市販されている多くの防水スプレーは撥水機能なんですね。そして、防水スプレーのように、撥水機能は表面を加工しているため、効果が落ちてくることも特徴の一つです。

ビジネスシーンにもなじむオススメ商品!

どんな雨だろうが、ファッショナブルなビジネスマンでありたいと思う方に向けてのオススメ商品はこちら。レインシューズ として有名なブランドから、カジュアルにも使える商品をご紹介します!

HUNTER

雨の多いイギリス生まれで、王室御用達としても有名なブランドです。女性向けブランドというイメージが強いかもしれませんが、実はメンズも展開されています。

いわゆる長靴としてのショートブーツも展開されていますが、ビジネスユースであることを考えると、さらに丈の短いサイドゴアブーツがオススメです。(サイドゴアブーツとは、靴の両サイドくるぶしの辺りがゴムになっている丈の短いブーツです)

オススメのポイントとしては、そのデザイン性と防水性能です。デザイン面ではHUNTERブーツの特徴である、美しいシルエットとつま先に口髭のデザインが施され、防水性能としてはサイドゴアまで防水性仕上げになっています。

FOX UMBRELLAS(フォックス アンブレラ)のメンズローファー

こちらのブランドはレイングッズの中でも「傘」の専門ブランドとして、やはり英国王室御用達ブランドとして有名です。

フォックス アンブレラが展開するレインシューズ というと、「サイドゴアブーツ」や少しカジュアルなタイプとなりますが「スリッポン」タイプもあります。今回は、よりビジネスユースを意識して「ローファー」をご紹介します。

フォックス アンブレラ監修のもと、日本の職人が作っている完全防水の総ラバー製商品で、雨が染み込む心配のないローファーです。レインシューズとは思えないほどにスマートなデザインがオススメのポイントです。

BCR

ブランドのコンセプトとして、スニーカー世代である20代〜40代男性をターゲットに、ユーザーニーズに合う気軽で履きやすいシューズを提案することを掲げています。

この商品のオススメポイントは、しっかりとした防水機能であるにも関わらず、他のレインシューズ とは違って5,000円ぐらいのお手頃な価格だということです。

かっこいいレインシューズがほしいと言っても、雨の日って毎日ではないですからね。おシャレなレインシューズのエントリー商品として、防水機能を感じてみてはいかがでしょうか?

まとめ

ビジネスマンの雨対策として、レインシューズ選びには2つのポイントがあります。

1 靴底はラバーソールを選ぶ
2 防水機能と撥水機能があるが、撥水機能は効果が薄れることがあるので要注意!

納得した靴選びができれば、雨の日の憂鬱も軽減できるはず。レインシューズ って、こんなにも便利にオシャレに過ごせるんだと思えるはずです。少しでも雨の日が楽しめるといいですよね。

-梅雨
-

Copyright© めろこ , 2018 All Rights Reserved.