夏に犬にマンションで留守番をしてもらう予定だけどどういう対策をしたら良い?経済的な方法をご紹介!

投稿日:

犬マンションで暮らしていても、最近では犬を飼っている人は増えてきています。仕事や学校で留守にする人は、実家だったら誰かがいつもいるから、安心なのになんて、うらめしそうに見つめる犬を振り切って家を出ていきます。

特に夏の間は、閉め切られた部屋の中で、犬はどうしているのか、と電話するわけにもいきませんから、私の同僚では、嘘をついて早退して様子を見にいく愛犬家もいます。

愛犬家であれば、皆さんも決して他人事とは思えない話だと思います。そこで安心して、夏のマンションでも犬に留守番させておく為に飼い主はどんなことができるのか考えてみましょう。

夏の間、犬は人間よりも弱くなる

犬は人間よりも数段暑さには敏感で、また、暑さをしのぐ体の機能が人間よりも劣っています。とくに北国生まれの犬や、子供や老齢の犬にとっては、夏の暑さというものは下手すると致命傷にもなりかねません。

夏のマンションでの犬の留守番は特に注意

熱中症は暑い日差しを長時間受けすぎだり、脱水症状を引き起こすことによって、吐き気やめまい、頭痛や高熱などで人間だけでなく、犬の体も弱らせてしまいます。閉ざされた夏のマンションの部屋というのは、その熱中症を引き起こすあらゆる条件を備えてしまいます。たいていの住居者が南向きを好むために、窓は南向きを向いていることが多くなります。

建物の2階以上と高くなるにつれ、日差しは強くなり、カーテンや簡易のスダレくらいでは、高層階にある部屋などは無きに等しい状態にもなり得ます。また、どんなに高層階に住んでいようとも、留守中に窓を閉めるのは常識ですので、閉め切った部屋というのは、空気がたてこもり予想以上に高温になってしまいます。

留守中のマンションの部屋は、半ばサウナ状態ともなり、暑さに弱い犬でなくとも、人間であってもその中で数時間過ごせば、簡単に脱水症状を引き起こすことになるでしょう。だから、夏のマンションでの犬の留守番には、人間に対する以上の細心の注意を必要とします。

夏のマンションでの犬の留守番に必要な対策は

大切な愛犬の為にマンションの部屋で私達のできることは何でしょうか?

日差しを防ぐ

カーテンやスダレ、ブラインドの薄いものはほとんど役に立たないと思って下さい。また、白や薄い色は熱の反射力はありますが、簡単に光が突き抜けてしまいます。黒や茶色、紺色などの濃い色で分厚い生地のものを選ぶといいでしょう。2重3重に重ねることで、日差しの浸透を防ぐことができ、冬にも温かいので一石二鳥となります。

遮光カーテンを使うと1枚でも強力に光を遮ることができます。3千円から6千円くらいで購入することができます。アルミを使った断熱シートもお勧めです。アルミは紫外線や赤外線を防ぎますので、外からの日光を遮断する機能に優れています。

100均のお店でも100円で購入できますし、大きなサイズで、窓用に作ったシートが2枚組3,000円くらいで購入することができます。昼間でも、カーテンを閉めた時点で部屋がある程度暗くなるものでなければ、部屋の温度を下げることはできません。

換気をよくする

マンションでは通常、台所、トイレ、浴室に換気扇が付いているかと思います。出かける時には全部つけていきましょう。でも、換気扇の性能がよくわからない、古い場合はやめておいた方がいいと思います。その場合は24時間操作保障のついた簡易型換気扇を取り付ける方法もあります。

マンションの場合、余分なエアコン用の配管などが蓋をされた状態で部屋の壁についていたりします。その穴を利用することで、小型の小さい簡易型の換気扇を取り付けることが可能です。私は3千円で三菱電機の直系13センチくらいの丸い換気扇を、エアコンの配管のところに付けました。

見た目も可愛いし、それは24時間回しておくことができるので、私は愛犬チワワの為と喫煙用とし取りり付けました。また、窓枠向きの簡易型換気扇を取り付けることで部屋の換気は数段よくなります。簡易型換気扇はアマゾンや楽天のオンラインストアまたはホームセンター等で取り扱っています。

クーラーは必需品

夏の炎天下の中、密室のマンションの部屋で犬が留守番するのなら、クーラーは必需品です。もしクーラーがない方はこの機会に購入を考えてもいいのではないでしょうか?クーラーによっては省エネ機能のついたものがあり、数時間おきに付けたり消したりを設定できるものがあります。

留守中クーラーをつけっぱなしというのは、犬も心配ですが、光熱費も心配になってしまいます。つけたり、消したりが自動で設定できれば仕事中や1日以上家を空ける場合でも安心です。自分の為だけでなく、愛するわが子がサウナ状態でもがき苦しまない為にも、そういう機能のついたクーラーの購入を決断するのも1つの方法です。

でも、経済的な理由で購入したくてもできない人もいるでしょう。ひとまず、その場合は小型のクーラー、扇風機を購入してみてはどうでしょうか?換気扇を回してそれらを使うことで、少なくとも留守中のサウナ状態からは抜け出ることができます。

オンラインショップの家電のコーナーで小型・卓上クーラーや扇風機が、3千円から1万円くらいで購入できます。クーラーがある人でも、1つ小型のものを購入しておくと、用途に合わせて使い分けることができるので便利です。

夏の太陽とマンション

犬の留守番に充分な水と停電対策

熱中症の予防としては、日差しや空調の対策だけでなく、脱水症状を起こさないための十分な水分と停電の対策も考えておかねばなりません。数か所に充分な水をおいておきましょう。子供の犬がこぼしたりするのが心配な人は大型の洗面器などに水をいれておいておくと安心でしょう。

私が愛犬チワワを置いて長時間留守にする時は、浴室のドアを開けておいて、シャワーの水を緩く出しっぱなしにして出かけます。

日差し防止と換気が重要

また、その他の冷却グッズを首にまいてあげたり、マットをひいてあげたりすることで、停電の心配は少し軽減しますが、でも長時間にわたっての冷却は難しいかと思います。やはり、出来る限りの日差しの防止と換気の改善など、根本的な部分に力を入れる方が、結局は長い目でみれば経済的で安心でもあります。

いかに日差しを防止するか、換気を考えるかが、いざ停電した時には大きく役に立ちます。また、電池や充電式の扇風機を購入しておくことで停電の時の急場をしのぐことができます。

夏の犬の留守番を経済的に

夏のマンションではクーラーは必需品となりますが、付けたり消したりできる省エネ機能がついてない場合は、小型クーラーか扇風機との併用をおススメします。小型クーラーか扇風機があれば、クーラーをつけるタイミングをその日の暑さによって調整することができます。

別途でタイマーを購入

小型の扇風機やクーラーであれば、別途売りの繰り返し機能の付いたタイマー(500円~1000円)をコンセントに設置することができます。24時間15分単位で付けたり消したりを設定することが可能になります。

その別途タイマーはエアコンやクーラーのような大きな容量のものには対応できません。クーラーをつけるまでは、小型扇風機かミニクーラーを付けたり消したりを例えば30分おきくらいで設定してみます。クーラーを付けてからは消すように設定すればいいわけです。

日差しや温度が最も高くなるのは14時ー15時の間だと言われています。最も日差しの強くなるその時間にクーラーを作動させるようにしておくこともできます。そのように、クーラー、小型扇風機、ミニクーラー、別途タイマーを組み合わせることで、皆さんそれぞれの事情に合わせた節約をしながら、大切な愛犬を夏の暑さから守っていくことが可能となります。

愛犬にお留守番を任せる

夏のマンションでの愛犬の留守番のまとめ

夏の暑さに弱い愛犬の為に、日差しを防ぎ、換気を工夫し、室内の温度をできる限り下げることで、仮に停電が起きたとしても、数時間は危険な状態を避けることができます。

マンションのような密室状態ではクーラーは必需品になり、電気代もその分高くなってしまいます。お財布の中身を心配しながらも、やっぱり自分の帰りをひたすら待っている愛犬の健康は何よりも大切だと言えます。小型の扇風機やミニクーラー、繰り返しタイマーなどで節約しながら犬を熱中症がら守ってあげて下さいね。

こちらの記事もどうぞ

-
-

Copyright© めろこ , 2018 All Rights Reserved.