お中元

ビジネスマン必見!お中元のお礼状マナーの文例などを徹底解説!はがきはNG?

投稿日:

手紙の挨拶文

社会人になると、お中元を贈るだけでなく、お中元をいただく機会も増えますよね。お中元を贈るときには、贈る品物や添え状といったお手紙などのマナーに注意を払っていることと思います。マナーを守ることで伝えたい思いがストレートに伝わるので大切なことです。

ではお中元をいただいたときはどのようにお礼をしているでしょうか。直接手渡しでいただいたときには言葉でお礼を伝えることができますが、郵送が多い現在では直接お礼を伝える機会はそう多くはありません。

そこでお礼を伝えるためのお手紙であるお礼状を送りましょう。お中元をいただいたお礼を、お礼状を通して伝えることで気持ちが伝わるでしょう。今回はお中元をいただいた方に向けて、お礼状のマナーを文例やはがきでも大丈夫といった疑問などをもとにご紹介していきます。

お中元のお礼状マナーを押さえて感謝を伝えよう

手紙と万年筆

添え状や送り状などの手紙にマナーがあるようにお礼状にもマナーがあります。お礼状とは、お中元が届いたことや贈っていただいたことに対する感謝や気遣いを伝えるという目的があります。お中元をいただいたことに対して感謝していても、もらったまま何も伝えないと相手に気持ちは伝わりません。

お礼状のマナーをしっかりとおさえて、お中元をいただいたことに感謝や気遣いの気持ちを伝えましょう。

これだけはおさえたいお中元のお礼状の基本

お礼状の文例など具体的な内容に入る前に、絶対におさえておきたいお礼状のマナーを知っておきましょう。気持ちの伝わるお礼状でも基本のマナーが守られていなければ、マナーがなっていないと肝心のお礼状の内容を見てもらえないかもしれません。まず基本をおさえてお礼状の内容に入っていきましょう。

お礼状の基本は手紙、はがきでもOK

ポスト

お礼状は基本敵には手紙が望ましいです。はがきでもいいのか迷う方もいるかと思いますが、手紙と同じようにはがきでも可能です。親しい人でもビジネス関係の人でも送ることができる丁寧な送り方です。

他にも電話やメールなどの方法があります。電話は親しい人やお付き合いのあるビジネス関係の人に適し、メールは親しい人に送る際には可能です。送る相手などから送る方法を選びましょう。

すぐにお礼の気持ちを伝えることが大切

送り状はお中元をもらったらすぐに送ることが大切です。お中元をいただいたことにすぐにお礼を伝えることで気持ちが伝わります。すぐに送れないとタイミングを逃してしまうこともあるので、素早い対応を心がけましょう。

ビジネスマン必見!お礼状のビジネス文例

お中元でいただいた社会人の方は基本をおさえた上で、さっそくお礼状の内容のマナーを見ていきます。お礼状の内容も基本の構成があるので、構成に合わせて気持ちのこもったお礼状を書いていきましょう。

基本の構成・文例

お礼状は基本の構成をおさえることでマナーを守ったものになります。基本の構成は、まず季節の挨拶である時候の挨拶から始まり、次に相手の健康など近況を気遣います。そしてお中元をいただいたお礼をし、最後にこれからの健康などを願う言葉で締めます。手紙の末に日付と名前を書いて完成です。

文例は以下の通りです。

暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
このたびは○○をいただき、ありがとうございました。
平素よりのお心遣いに感謝申し上げます。
これから夏本番ですが、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。
2018年○月○○日 ○○ ○○

お返しの品を贈る際のお礼状

定番のお中元

ビジネスでのお礼状の場合、お返しの品を贈ることも多いでしょう。基本の構成と合わせてお返しの品を贈ったことをお伝えしましょう。これからのお付き合いや支援をお願いする言葉も忘れずにお伝えしましょう。お返しの品を送らない場合は、その部分を除いてお礼状を書いてみましょう。

文例は以下の通りです。

酷暑の候 貴社におかれましてはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
このたびは結構なお品を賜り、厚く御礼申し上げます。
日頃からお力添えいただき、非常に心強くおもっております。
本日別便にて、心ばかりの品をお送りいたしました。ぜひ皆様でお召し上がりください。
暑さはこれからが本番です。皆様どうぞご自愛くださいませ。
貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます。
略儀ながら書中にて御礼申し上げます。

お中元をお断りする際のお礼状

お断りする姿勢

会社同士、ビジネスマン同士のお付き合いの中で、今後のお中元をお断りすることもあるでしょう。お礼状にお断りする旨を丁寧に書くことで失礼なくお断りすることができます。

文例は以下の通りです。

連日厳しい暑さが続いております。
本日は結構なお品をいただき、ありがとうございました。
いつもしていただいている心配りには感謝しておりますが、今後はどうかあまり気を使わないようお願い申し上げます。
夏はさらに本格的になってまいりますので、体調にはくれぐれもお気をつけください。

文例を参考に常識あるお礼状を書こう

お礼状はお中元をいただいたことや気遣いに感謝を伝える大切な手紙です。初めてお中元をいただいた方にとっては、お礼状の書き方などのマナーに戸惑うことが多いでしょう。ですが、ご紹介した基本のマナーや構成、文例を参考にして書くことで気持ちの伝わるお礼状ができあがります。マナーを守ったお礼状で感謝を伝えましょう。

-お中元
-

Copyright© めろこ , 2018 All Rights Reserved.