室外犬の夏の留守番には何を気を付けるべき?暑さ対策でワンちゃんを熱中症から守ろう!

投稿日:

室外で佇むワンちゃん

あんな毛だらけの体では、犬にとっては夏は一番過酷な季節なのかもしれません。外で飼っている犬の場合、冷房をつけておくことができません。でも、風や雨、雪、木や植物に青空などの自然に触れあって暮らしています。

そのお家それぞれ、犬の飼い方というのは異なります。家の中と、家の外と、どちらが犬にとって幸せなのかは、一概には決められませんが、それぞれの状況に合わせて工夫することで犬にとって非常に辛い夏の季節も、快適に過ごすことができるようになります。

お外で暮らす室外犬に、飼い主は夏の暑さからどうやって守ってあげることができるのでしょうか?

犬の夏の留守番で気を付けることは?

犬は汗を出す汗腺が、人間や他の動物のように発達していないので、体温が上昇しても、熱を外にだすことができません。

いつもハァハァ息を荒くしているのは、汗をかくことで体温調整ができず、熱を下げようと苦しんでいるからなのです。特に寒い地域の犬種、長毛の犬は暑さに弱いので、注意が必要です。

体温の調整ができない犬は、夏の暑さから熱中症を引き起こす場合もあります。熱中症の原因は、主に長時間強い日差しを浴びること、水分不足、体温の上昇によることが多いと言われています。

犬の場合の熱中症は命に関わる恐れがありますので、最善な暑さ対策を考えたいものです。

それでは、お家の外で暑さと格闘しながら、お留守番をしている、可愛い愛犬の暑さ対策をご紹介したいと思います。

どこに犬小屋をおくか

室外犬にとって、犬小屋の置き場所は自分では決められません。飼い主が最適な場所を探してあげることが必要になります。

少しでも、犬の体温を下げて楽にしてあげる為には。直射日光の当らない場所が第1条件となります。

お家の敷地内に1日中、陽のあたらない場所を見つけてみましょう。幸か不幸か敷地内に日陰が見当たらない場合は犬小屋に日よけをつくることで、愛犬を突き刺すような太陽の光から、守ってあげることができます。

犬小屋の日よけ

自転車用の雨除け・日よけシートを代用するのがおすすめです。天井と三面の壁がしっかりと日陰を確保してくれます。

ただ、その素材によっては通気がよくないので、犬が犬小屋の外をある程度の広範囲で動き回れるようにする必要があります。シート上に通気の穴を空けてあげると、快適でしょう。

価格も楽天などで、3千円~1万円くらいで、サイズや素材などが選ぶことができます。遮光効果の高いものはやはりアルミです。アルミは光を通しませんので、シート内にある犬小屋も熱の上昇を避けることができます。

その他、よしず、園芸用の寒冷紗(遮光シート)、エアコン室外機用の雨除けシートなどが、1千円~6千円くらいで購入できますが、でも、遮光の効果は数段低くなります。合わせてそれに、何か2重3重に布やシートを重ねないと、完全に強烈な日差しを防ぐことはできません。

熱中症対策には水分

日差しを遮ることと、もう1つ大切なのが水分補給になります。

出かけ先、仕事先から帰ってきたら愛犬がぐったりと倒れている、なんてことにならないように充分すぎるくらいの水を備えておきましょう。大きな器に、こぼした時のことを考えて3カ所くらいにおいて下さい。

私の実家では柴犬を飼っていて、庭先の水道の蛇口のそばに犬小屋を置いています。炎天下の時や、長時間留守にする時は少しだけ蛇口を緩めたままにしておくことで、いつでも、犬が新鮮な水を飲めるようにしておきます。

ある夏の日、緊急の通夜・葬儀の関係で家族全員が2日間留守にしなければなりませんでした。その時は十分なドライフードと水を少し出しっぱなしにして出かけました。

ドライフードと水さえあれば、暑い夏の間でも1日、2日は留守にしても何とかなります。

また、夏の間はいつも仕事に行く前に愛犬の体に、軽く水をかけてあげたり、犬小屋の周りに水をまいてあげていました。数時間で乾いてしまいますが、家の柴犬はそれを日課として楽しみにしていました。

室外犬の夏の暑さ対策にはどんなものがあるか

日光を遮断することと、十分な水のほかに、飼い主が愛犬にしてあげれることは、犬の体温を下げてあげることです。

体温調整のできない犬の、真夏の上昇した体温は、市販のペットグッズを使うことで犬の体を冷やしてあげることが可能になります。どんなものがあるか見てみましょう。

ひまわりと青空

犬の暑さ対策グッズ

大理石シート

・小型犬から大型犬までサイズが選べる
・大理石・御影石などのひんやりする石
・犬小屋の中や周りに敷くことができる
・簡単に洗いながして掃除できるから衛生的
(2000円~5000円くらい、大理石の種類によっては8000円くらいのもある)

アルミプレート

・小型犬から大型までが選べる
・アルミの質感やひんやりする
・ベットとしても使える
・アルミが犬の体温を冷やしてくれる
・キズ、汚れもつきにくくて簡単に水洗いできる
(1000円~3000円くらい、ホームセンターが安い)

小型プール

・お庭にスペースがあれば小さなビニールプールがおける
・愛犬も留守番をしながら水浴びができる
・犬の大きさに応じて金属やプラスチックの洗面器など使える
・その他のボール・アヒルなども浮かべられる
・子供の犬はビニールプールは噛みちぎる可能性がある

(子供用に市販されているビニールプールが2000円~4000円くらい)
(犬用たらいプールが3000円くらい)
(たらい一般用で大きさによって1000円~5000円くらい)

電池扇風機

・超小型の手のひらサイズから20センチくらいのものがある
・電池だから外でも長時間使える
・充電式の小型扇風機もある
・犬小屋の天井や壁につけれる
・用途に応じて様々な形態のものが選べる
(家電のコーナーにて2000円から6000円くらい)

こういった犬の暑さ対策グッズはアマゾンや楽天などのオンラインショッピングサイトで色々な物を見ることができます。料金も安い物から高いものまで幅広く出ています。

また、ホームセンターなどで犬の対策グッズとしてではなく、日用品として売られている物で使える物がないか探してみるのもいいでしょう。

朝顔

犬の夏の留守番を快適にする工夫

でも、それぞれの飼い主さんの経済状況によっては、あまり費用のかけられない場合もあります。家の周りや、部屋の中やクローゼット、物置、屋根裏などに使えそうなものがないか探してみましょう。

身の周りのものを使ってみる

観葉植物

犬小屋のまわりに涼し気な観葉植物を植えたり、鉢植えを置いたりすると暑さも和らげることができます。ツタを絡ませたりするのもエクステリア的にもお洒落で可愛いですね。

竹や籐のスダレ

竹や籐でできたスダレを犬小屋の近くに建て掛けてあげることで、日陰の涼しさも倍増します。アサガオを植えて、その竹や籐に絡ませると人間だって快適ですよね。

断熱シート

アルミの断熱シートを犬小屋の内側に貼ってあげると、紫外線や赤外線が中に入るのを防いでくれますので、犬を熱中症から守ることができます。段ボールや古い衣類を使っても熱を防ぐことはできます。レジャーシートやブルーシートを使う人もいます。

スノコ

犬小屋の下がコンクリートの場合、コンクリートは熱を吸収しないので非常に温度が高くなってしまいます。犬小屋の下や周りにスノコを敷いて上げることで、温度を下げることができます。

ホースの水

ホースを使って犬小屋の近くでちょろちょろと水を出しっぱなしにしておくこともできます。ホースを高いところに固定させることで、小さな滝のように水を流しておくこもできます。

その他

凍らせたペットボトル、首の周りにまくクールネックなども、短時間の留守番であれば効果があると思います。でも、外ではすぐに溶けてしまいますので、2・3時間での利用を目安にして下さい。

ワンちゃんたち

まとめ

犬小屋の場所が何処にあるかによって、夏の間の犬の健康状態は大きく変わってしまいます。犬は自分で犬小屋の場所を決めたり、動かしたりすることができません。

可愛い愛犬のために、ここは1つ腕をふるって、風遠しのいい日陰になる場所を作ってあげて下さい。

この機会に、インターネットやホームセンターで犬の暑さ対策グッズの色んなものを見てみましょう。ちょっと工夫するだけで、あまり費用をかけずに犬の暑さ対策も可能です。大切な愛犬が快適に留守番できることで、暑い夏でも、安心して出かけることができるように色々な方法を試してみましょう。

-
-

Copyright© めろこ , 2018 All Rights Reserved.