夏バテ

夏バテ防止には食事改善が一番!子どもにもウケる簡単メニューをご紹介します!

更新日:

夏の子供の食事はどうする

いよいよ暑い季節がやってきますね。暑さは年々増しているように思いますが子どもたちは関係なくスポーツや遊びにと動いています。

我が家の子どもたちもサッカー少年でしたが、猛暑よりも初夏のあたりに油断をして熱中症になった経験があります。

今回はそんな子どもたちを夏バテから守るための食材やおいしく簡単に出来るメニューをご紹介していきます。

どうして夏バテをするのか原因を知ろう

夏バテはしやすい人、しにくい人がいますよね。サッカーの試合が連日だった頃、夏バテが原因で休む子どもはほとんど同じ子どもでした。気をつけてはいても生活スタイルは各家庭で違ってきますので変えていくことはなかなか難しいでしょう。

しかし、食生活は少しの工夫で改善できます。子どもたちが元気に夏を乗り切るための食材やレシピをみていきましょう。

夏バテしやすい子どもの共通点

夏バテしやすい子どもの特徴して「睡眠時間が短い」「一日中エアコンの着いた場所にいる」といった点があげられます。うまく体温調節が出来なくなったり、寝不足になると自律神経の乱れ生じます。そうすると食欲が衰退し体力も衰えてきます。

子どもは成長過程にいますので生活の乱れはおとなよりも大きく影響しますし、小さな子どもは体温調節がうまくできません。だからこそ生活習慣を正すことからはじめていきましょう。

ぐっすり休む子供

食事を改善して食欲アップ!夏バテ知らずになろう

まずは生活習慣の改善からですが、忙しい現代社会では全てを改善するのは難しいですね。それぞれの家庭の事情もあります。

だからといって子どもが夏バテをして熱中症まで引き起こしては元もこもありません。夏本番前から夏バテ防止の食事を摂って暑さに負けない体作りをしていきましょう。

朝食編

最近は時間に追われ朝食を摂らない子どもたちが増加しています。食べたとしてもパンやフルーツだけなど偏った食事になりがちですがここに一工夫してみましょう。パンと一緒に「ミネストローネ」やフルーツには「ヨーグルト」など付け加えてみましょう。

ミネストローネは夏にかかせないトマトと冷蔵庫にある野菜(玉ねぎ・人参・なす・きのこなど)を細かく切ってコンソメスープで煮込み塩コショウで味付けすれば簡単に出来上がりますし、フルーツもヨーグルトを加えるだけで栄養価があがり夏バテ防止になります。

食事にはミネストローネがオススメ

昼食編

日差しが一番強くなり気温もどんどんあがる昼間はエアコンの効いた部屋から出たくないですよね。でも子どもたちは一番体を動かす時間ですのでしっかり食べさせてあげたいので「夏野菜カレー」や「サラダうどん」などがいいでしょう。

ミネストローネ同様、冷蔵庫の野菜にオクラや枝豆などの夏野菜を加え、豚ひき肉を使えば時短にもなります。また一緒にトマトやレタス、夏野菜を湯通ししたうどんのと一緒に盛り付け麺つゆをかけるとボリュームのある献立になりますね。

夕食編

一日の終わりには子どもたちもクールダウンです。のんびりと過ごす時間に大人から子どもまで幅広く食べられるメニューで食卓を囲みましょう。

豚肉はビタミンB1が多く夕飯には適した材料です。「豚のしょうが焼き」や「とんかつ」などがっつりとしたメインのおかずに「なすの煮浸し」や「たことわかめときゅうりの酢の物」など副菜を添えてみましょう。

また夏バテに効果的な「お味噌汁」は三食全てに食べたいところですが、忙しい時間帯には難しいこともあるので夕食の時には必ずつけるよう心がけるといいですね。

食事には肉で体力つけよう!

夏バテ防止の注意点

こどもの夏バテを防止するには日頃の食事や規則正しい生活が欠かせませんが、もしそれでも夏バテの症状が出ていると感じたときはすばやく対処しましょう。症状としては

・食欲がない
・機嫌が悪い
・微熱
・嘔吐、吐き気

などが考えられます。特に食欲がないときに無理に食べるのは逆効果です。食べられるだけの量でさっぱりとしたものやのどよいものを作りましょう。

「ポトフ」はスープに野菜のうまみや栄養も溶け込み子どもの好きな味ですね。またフルーツは甘く子どもたちにも人気です。ただし、冷やしすぎた飲み物やアイスなどは逆に体をだるくしてしまうので食べすぎには注意しましょう。

食事以外にも野菜ジュースが栄養あるよ

まとめ

ここまで子どもの夏バテ防止に適した食事についてご紹介してきました。子どもは大人に比べ体力もあり元気いっぱい走ります。

しかし私たちは一年を通して温度差のない環境で生活しているのも事実です。だからこそ日頃の食事には気をつけておくことが大切です。

1. 三度の食事をきちんと摂る
2. 好きなものだけを食べない
3. 冷たいものを食べ過ぎない(アイスクリームやジュースなど)
4. 三度の食事を摂るには夜更かしをせず睡眠する

特に夏休みは、生活リズムが乱れやすいため体力低下に繋がりやすくなります。

食事も食べたり食べなかったりを繰り返すと夏バテに伴って熱中症になってしまう危険性がありますのでなってしまってから慌てることのないように普段から規則正しい食事の習慣を身につけておきましょう。

野菜嫌いなこどもは多いですが、夏に収穫できる野菜には夏バテ防止の栄養素が多く含まれていますので、豚肉・うなぎ・青魚などを合わせたレシピを親子で考えてみるもの楽しくて苦手な食材も克服するきっかけになりますね。

-夏バテ
-

Copyright© めろこ , 2018 All Rights Reserved.