浴衣

浴衣の汗対策で涼しく綺麗に着こなそう!浴衣の手入れもご紹介します

投稿日:

夏のお祭り、浴衣を手入れしよう

夏だけのファッションに浴衣があります。夏祭りや花火大会などに着ていく女性の方も多いのではないでしょうか。旅行でも浴衣を着る女性もいるでしょう。京都で浴衣デートなどは誰もが憧れるものです。

浴衣は綺麗な反面、帯を締めたり、しっかり着付けたりなどで、動きにくく、暑い部分もあります。せっかくの綺麗な浴衣姿も汗をかいて乱れてしまうと楽しめなくなってしまいます。汗のついた浴衣の手入れも長く着るためには大切です。

そこで今回は、夏のファッションである浴衣を楽しむ女性に向けて、汗対策や汗をかいた浴衣の手入れをご紹介します。

浴衣でも汗知らずの涼しげ美人になろう

浴衣を着る場面は、夏祭りや花火大会など、夏という気温が高い季節であるだけでなく、人も集まっている場所のため、気温以上に暑く汗をかいてしまいます。

汗でヘアセットがくずれてしまったり、浴衣に汗ジミがついてしまったりすると綺麗な浴衣姿が台無しです。汗対策で汗知らずの涼しげ浴衣美人になりましょう。

肌着で汗をしっかり吸い取ろう

浴衣を着る時には、下着と合わせて肌着も着るようにしましょう。肌と浴衣が触れている状態だと汗を吸い取るものがなく、シミになったり、下着が透けてしまったりします。

汗を吸い取ってくれる綿やシルクなどの素材の肌着がおすすめです。キャミソールなども汗対策に便利です。ユニクロなどの肌着は安く、機能性もあるので、一夏のお供に数着持っておくとよいでしょう。

帯で腰周りが暑い!タオル1枚で解決

帯の手入れ方法は?

帯で締められているため、腰周りは圧迫感もあり暑くなります。そこで帯を締める前に薄いタオルを巻いておきましょう。腰を締めるものが増えて暑くなりそうに思いますが、汗を吸収してくれるので、暑さや汗の不快感をなくしてくれます。

汗対策以外にも、浴衣の着こなしにも役立ちます。タオルによって腰周りが平面になるので、浴衣のシワを防ぐことができ、着崩れ・帯の汗ジミの予防などにも効果があるのでおすすめです。

浴衣を着る前にスプレーで汗対策

浴衣を着る前の汗対策も効果があります。浴衣を着る前の肌着に冷感スプレーや制汗剤をかけておくことで汗をかきにくくすることができます。ひんやり感があって、汗をかかないだけでなく、ベタベタとして不快感も軽減されるので、浴衣を着る前にシュッとかけておきましょう。

小物で汗をかく前に暑さ対策

日傘

日傘で暑さ対策をして手入れを簡単にしよう

暑さをしのぐための小物も持っておくと便利です。日中の日射しのある時間帯であれば、日傘があると暑さを軽減でき、日焼けの予防にもつながります。

うちわ・扇子

うちわや扇子も持っておくと便利な小物です。暑い時あおぐと気持ちいいだけでなく、浴衣とのファッションの相性も良いのでおすすめです。携帯扇風機も便利で、電池式やUSB充電式などがあるので検討してみてください。

冷却シート・ハンカチ

冷却シートで身体を冷やすのも汗対策におすすめです。血管の多く通っている脇の下や太もものつけ根に貼ると血液が冷やされ身体の中から暑さを軽減できます。

ハンカチは汗を拭くだけでなく、濡らして拭くことで冷却シートと同じように身体を冷ますことができます。濡らしたハンカチを使う時も脇の下や太もものつけ根を冷やすと効果的です。

どうしても汗はかくもの!汗の目立たない浴衣の色

手入れ軽減策として浴衣の色を考えてみよう

汗対策を十分にしていても、夏の暑さではどうしても汗をかいてしまうこともあるでしょう。浴衣の色や柄などによって汗が目立ちにくいものがあるので、好みの色を選ぶ際に一度汗対策についても考えてみると良いでしょう。

濃い色はシミが目立ちにくいように思いますが、濃い色よりも白色の浴衣の方が目立たないようです。日光を反射してくれるので、シミだけでなく暑さの軽減にもつながり、見た目にも涼しげな印象を与えます。

柄があるものもシミが目立ちにくいので、色と合わせて柄にも気をつけてみましょう。

汗をかいた浴衣を手入れしよう

浴衣の手入れは、次に着る予定があるか、来年の夏になるかで方法を変えましょう。次に着る予定がすぐある場合は、風通しの良いところで干すなどで乾かします。汗の量が多かった時は洗濯やクリーニングがおすすめです。

来年の夏にまた着るのであれば、洗濯やクリーニングをして、浴衣をすっきり綺麗にしておきましょう。お気に入りの浴衣を毎年の楽しみしましょう。

まとめ

手入れした綺麗な浴衣でデート

1.肌着やタオルで汗を吸収すると、シミが付くことも防ぎ、涼しく過ごすことができます。
2.スプレーやうちわなどの小物で暑さを軽減して、汗対策をしましょう。
3.汗をかいた後の浴衣は、乾かしたり、洗濯やクリーニングをしたりしましょう。

肌着やタオルなどのひと工夫で浴衣の汗対策をすることができます。スプレーやうちわなどをプラスすることでさらに涼しく汗知らずで楽しむことができるでしょう。一夏の思い出に浴衣でイベントに出かけ、汗対策をしっかりして大切な人に涼しげ綺麗な浴衣姿を見せましょう。

-浴衣
-

Copyright© めろこ , 2018 All Rights Reserved.