日焼け・日焼け止め

飛行機に日焼け止めクリームは持ち込める?国内線の荷物制限について解説します!

投稿日:

夏には欠かせない日焼け止めクリームとサングラス

梅雨が終わるといよいよ本格的な夏!旅行へ行って観光地を巡ったり海に行ったり、リフレッシュする方も多いのではないでしょうか。しかし日焼けを気にする女性にとって日差しは大敵!日焼け止めクリームは必需品!

高い日焼け止めクリームを買って使用している方は、普段から愛用しているものを持って行きたいですよね。でもその愛用品がもし機内持ち込みできずに取り上げられてしまったら…と不安になると思います。

そこで今回は、日焼け止めクリームなどの女性が旅先でも必要とする物が飛行機内に持ち込めるのかをお話して、女性の国内旅行の準備をお手伝いしたいと思います!

空港で慌ててしまう前に、機内に持ち込めるかどうかをきちんと把握して、夏の旅行を存分に楽しんじゃいましょう♪

日焼け止めクリームは持ち込みOK?

国内線飛行機に持ち運びはOKなの?

夏の必需品、日焼け止めクリーム!普段から使い慣れた日焼け止めクリームを持って行きたいですよね。数百円の安いものなら検査場で取り上げられても諦めがつきますが、値段の高いものだとちょっと…。

日焼け止めはスプレー・ジェル・クリームともに『液体物』に分類されます。国際線だと持ち込み方や量にいろいろと厳しくなっていますが、国内線では特に制限はありません。

業務用などの大きなものだとストップがかかるかもしれませんが、ドラッグストアなどで買えるようなサイズのものであれば問題なく持ち込むことが出来ますよ。

持ち込みに注意が必要なものは?

国内線飛行機に持ち運べる荷物たち

女の子の旅行は洋服や洗面用具の他にも準備するものがたくさん!飛行機に乗ることに慣れていない人にとって、荷物の検査は厳しいイメージがあってドキドキですよね。

私もつい最近の旅行で、準備をしているときから「これ持って行って大丈夫だったっけ?」と何度も夫に聞いてはネットで調べていました。

では機内への持ち込みが禁止されているものにはどんな物があるのでしょうか。禁止されているものや注意するべきものをいくつか挙げていきたいと思います!

刃物類

ハサミやナイフなど凶器となり得る刃物類は持ち込み禁止とされています。しかし刃が4㎝以内のカミソリや、先端が尖っていない刃が6㎝以内のハサミであれば機内持ち込み可能となっています!

化粧ポーチに毛剃り用のカミソリや眉切り用のハサミを普段から入れていて、検査に通るか不安な人はバッグから取り出しやすい場所に入れておくことをオススメします!

スプレー関係

スプレー関係のものは持ち込み禁止かどうか、種類によって違います。殺虫剤やガスボンベなどの引火性・毒性ガスを使用したスプレーは持ち込み、お預けともにすることは出来ません。

女性がよく使用するスプレー関係としてヘアスプレーや制汗剤スプレー、日焼け止めスプレーがありますが、それらは機内持ち込み可能です。不測の噴射を防ぐためにキャップはしっかりと閉まっているか確認して持ち込みましょうね。

ヘアアイロン

ヘアアイロンを髪の毛をセットするときに使用する女性は多いと思います。そんな女性の必需品のひとつであるヘアアイロンの持ち込みにも制限があります。

コンセント式のもの、電池が取り外されている電池式のものは特に制限はありませんが、電池が取り外せないタイプのものは機内持ち込みもお預けも出来ません。

自分が持っているヘアアイロンがどのタイプのものかあらかじめ確認してから持って行くようにしましょう!

喫煙用ライター

喫煙用ライターの持ち込みには種類によって制限があります。100円ショップに売っているような使い捨てライターや、吸収材入りのオイル式ライターは1人1個までは持ち込み可能です。

青色の強力な炎を出すタイプのライターや吸収剤なしのオイル式ライターは、機内持ち込みもお預けもできません。喫煙をする人はライターの種類に気をつけましょうね!

液体物は禁止されていないの?

飛行機に液体物は禁止されてない?

飛行機の手荷物制限といえば液体物の持ち込み!女性の持ち物にはスプレー・ジェル・クリームなどの液体物が多いと思いますが、国内線は国際線にくらべてそこまで厳しい制限はありません。

500mlのペットボトルに入っている飲み物も機内に持ち込めますが、開封されているものは中身の検査が必要になります。簡単な検査ですぐに終わるので安心してくださいね。

機内に持ち込める液体物は『1容器500mlまたは0.5㎏以下、1人あたり2㎏または2リットルまで』という制限がありますが、ドラッグストアなどで買えるような化粧品類であれば問題ありません。

化粧水や乳液などたくさん持って行くことになっても、1つ1つが通常サイズであれば総量が2㎏または2リットルを超えることはないでしょう!

まとめ

国内線出発口で飛行機に乗り込もう

1. 日焼け止めはスプレー・ジェル・クリームともに『液体物』に分類される。
2. 国内線では日焼け止めクリームの持ち込みに特に制限はない。
3. 刃が4㎝以内のカミソリ、先端が尖っていない刃が6㎝以内のハサミは持ち込み可能。
4. 引火性・毒性ガスを使用したスプレーは持ち込み、お預けともに不可。
5. ヘアアイロンはコンセント式のもの、電池が取り外されているものは大丈夫!
6. 喫煙用のライターは種類によって持ち込めるものとそうでないものがある。
7. 国内線は国際線にくらべて、液体物にそこまで厳しい制限はない。
8. 液体物の持ち込みには『1容器500mlまたは0.5㎏以下、1人あたり2㎏または2リットルまで』という制限がある。

夏の日差しは女性の大敵!いつも使っている日焼け止めクリームを持って行くことで日焼けを気にすることなく旅行を思う存分楽しんじゃいましょう♪

-日焼け・日焼け止め
-

Copyright© めろこ , 2018 All Rights Reserved.