単身赴任

単身赴任って住民票の移動が必要なの?移さないことのデメリットは?

更新日:

 

会社から単身赴任を命じられてしまったけど、準備とかどうすればいいんだろう…
住民票とか移動しないといけないのかな…と心配になっているアナタ。

 

僕も過去に転勤族だったので、心配でした。

 

この記事では、単身赴任で、家族の元を離れて引っ越しをするに当たって、
誰しもが悩むであろう住民票の問題について書いてみますので、是非参考にしてください。

 

単身赴任って住民票の移動が必要なの?

 

ざっくり意訳になりますが、

住民基本台帳法では、住所が変更になった場合には、
14日以内に転入届を出さなければならないのですが、以下のような場合には、移さなくても良いと言われています。

 

・単身赴任の任期が1年以下と言った短期で、将来的に元の家に戻ることが決まっている場合

 

・週末や季節毎など、定期的に元の家に戻っていて、生活の基盤が元の家にあると言える場合

 

 

そんなわけなので、

住民票を移動させるのって凄く面倒だし、忙しくて時間がないから出来れば移動したくないって方や、任期が短いとか定期的に家に帰るし…って方は、住民票を移動しないという選択肢もアリだと思います。

 

でも法律的に移動しないといけないって決められてるなら、
移動させないことのデメリットも気になりますよね。。。

移さないことのデメリットは?

まずさっきの法律的な面で言うと、

14日以内に変更しないといけないのに、変更しなかったということで、
悪質と判断される場合には、5万円以下の罰金になることもあります。

 

ただ、単身赴任の任期が短期だったり、定期的に家に戻っていて生活の基盤は元にある、というような個々人の事情があるかと思いますので、事情を説明できるような状況であれば、神経質にならなくても大丈夫ではないかと思います。

 

次に実生活面でも、住民票を移動しないことによるデメリットを書いてみます。

①運転免許証関係

・免許更新時の案内が変更前住所に届く

・免許更新場所が変更前住所になる

 

免許証を持ってない方は気にしなくていいでしょうが、
免許更新が控えてる方にとってはちょっと悩ましいですね。。。

 

②行政サービス関連

選挙、パスポート申請などは住民票のある自治体で手続を行うことが基本なので、
元の住所で手続きを行う必要があります。

 

ですが、行政サービスのデメリットについては、考えようによっては、住民票を移さない方が便利と考える人も多いかもしれませんね。

というのも、行政手続きする際に、色々と家族にお願いしやすい、ということが大きな理由になります。

 

仮に単身赴任先に住民票を移してしまうと、自分で平日に役所に行って、色々と手続きをする必要がありますが、サラリーマンには中々難しいですよね。

 

場合によっては、有給を取って自分で手続きをする必要も出るでしょうが、かなり大変な作業になります。

 

それに対し、住民票が家族の所にあるなら、家族が平日昼の間に役所に行ってくれるということもお願いできるかもしれません。

 

まとめ

単身赴任の場合、住民票を移すかで悩むことになると思いますが、必ずしも移さないといけないというものではありません。

 

手間を考えると、移す必要がないなら移さない方が楽だと思いますが、実生活面で移さなかったときのデメリットがある方は、どちらが楽か考えてみるといいと思います。

-単身赴任

Copyright© めろこ , 2018 All Rights Reserved.