夏フェス

夏フェス初心者だけど服装はどうすれば良い?基本を押さえて思いっきり楽しもう!

投稿日:

夏フェスの服装
前回、夏フェス初心者の方に向けて、以下の通り、持ち物についての記事を書きました。
夏フェス初心者だけど持ち物はどうすれば良い?チェックリスト形式で詳しく解説します!

 

持ち物がわかったところで、これまたしっかり準備しておきたいのは当日の服装ですね。
そこで今回は、どのような服装で行くと快適に夏フェスを楽しめるのかの情報を書いていきますので参考にしてください。

夏フェスの服装の基本とは?

夏フェスの服装

夏フェスにもいろんな人が参加するようになって、最近の夏フェスのレポートを見たりしてみても、楽しみ方は人それぞれなのだと感じます。

夏フェスをお祭り感覚で楽しみたいという方は良いのかもしれませんが、ライブを前の方で積極的に楽しみたいと考えている方は、おしゃれ重視で行くと嫌な目にあったり周りに迷惑をかけてしまう可能性は高いです。
それでは良い思い出になりませんよね。

なので、初心者の方は夏フェスの基本を押さえた服装で行くことをオススメします。
基本を押さえた服装というのは一般的には次のことを意識した服装です。

・動きやすい
・汚れてもいい
・周りに迷惑をかけない

夏フェスに必要な持ち物の記事でも、自分が動きやすく、周りにも迷惑にならないという考えを基本にするということが大切と書きましたが、服装でもそれは同じです。
神経質になりすぎてはせっかくの夏フェスも楽しくないですが、思いやりはライブのマナーでもあるので大切にしてくださいね。

要チェック!!
夏フェス
夏フェス初心者だけど持ち物はどうすれば良い?チェックリスト形式で詳しく解説します!

夏の風物詩と言えば夏フェス。 夏の暑い空気を味わう野外のステージ、そんな開放的な場所で楽しめる音楽、フェス飯など、日常を忘れる特別な時間はとにかく最高ですね。 しかし夏フェス初心者の方は具体的なイメー ...

また、汗、砂埃、雨がふれば泥などで必ず汚れますので汚れてもショックにならない服装は心がけてください。
私は楽しみにしていたフェス飯の肉の油で、お気に入りのバンドTシャツを汚して悲しくなったことがありますが、こういうこともあります笑。
野外ではどんなことが汚れにつながるかわからないですし、汚れるかもという余計な心配でフェスを心から楽しめなくなるのももったいないので、事前によく考えて選んでくださいね。

長くなりましたが、具体的にどのような服装がいいのかご紹介します。

夏フェスにオススメの服装とは?

夏フェスの基本を押さえた最も定番のスタイルをアイテムごとに解説しながらご紹介します。

夏フェスの服装インスタより引用(https://www.instagram.com/p/BX4ZHCtjXk6/?hl=ja&tagged=rockinjapan2017)

Tシャツ

ぜひ好きなバンドのTシャツを着て楽しみましょう!会場でフェスのオフィシャルTシャツを買うのもいいですね。

ショートパンツ(ハーフパンツ)

デニムでも悪いことはないですが、アウトドアのブランドから出ているものだと紫外線カットや速乾性、通気性など機能的であったり、軽くて動きやすかったりするのでオススメです。
カラーバリエーションや柄の種類も多いので、おしゃれをしたい方はここで個性を出すこともできます。

レギンス

ショートパンツに合わせて、日焼けや虫刺され防止になりますし、色や柄にこだわればおしゃれにもなります。
暑くてレギンスは履きたくないという方は、日焼けや虫刺され対策を徹底的に。

靴下

靴下も通気性がよく、おしゃれをしたければデザインに凝ったものを選ぶといいですね。

スニーカー

大きな会場を歩き回ったり、ライブで疲れにくくしたりするためにも、履き慣れたスニーカーで行くのがいいです。
サンダルは休憩用や帰りの車内などで履くために持って行くのはいいのですが、ライブ中は足を踏まれるなど危険ですし、怪我をする可能性も高いのでメインで履くことはしないように。
周囲とのトラブルの原因になってしまうこともあります汗。

そして、靴選びの際は砂埃でスニーカーが茶色くなったり、雨が降れば泥で汚れることを理解しておいてください。
トレッキングシューズだと防水効果や通気性もあり、また踏まれてもキャンバススニーカーなどよりはダメージは少ないです笑。
ただ履き慣れているという点が大切なので、無理をして買うこともありません。

時計

汗や雨対策として防水で、衝撃に強いものがオススメです。

帽子

こちらも防水、通気性が良い、軽くて丈夫なものを選びましょう。

夏フェスの服装インスタより引用(https://www.instagram.com/p/BX0Rl_FhunM/?hl=ja&tagged=rockinjapan2017 )

引用写真が女性ばかりになってしまいましたが、男性でも身につけるアイテムとしては同じです。
サングラスはあってもなくてもいいです。わたしは性格的に抵抗があってしたことがありませんが笑、困ったことはありません。
また、女性で髪の長い方は下の方でまとめて結びましょう。

雨の日は、ポンチョやレインコートを上に着て、レインブーツを履くのが一般的です。

ポンチョやレインコートやレインブーツインスタより引用(https://www.instagram.com/p/BYx6qNhlIEv/?hl=ja&tagged=fujirock2017)

以上が動きやすく汚れても良い、そして周りに迷惑をかけないという夏フェスの基本を押さえた服装です。
繰り返しになりますが、その基本の中でおしゃれをしたり個性を出すようにしてみてくださいね。

基本を押さえて思いっきり楽しもう

夏フェスを楽しむ

夏フェスに行くのに基本かつオススメの服装をご紹介しました。
ライブを楽しむためにも、お祭り気分でおしゃれいっぱいに楽しむというより、動きやすく周りにも優しい服装を心がけるのは、どの夏フェスでも共通です。
持ち物、服装ともに事前によく準備をして、最高の夏フェスの思い出を作りましょう!

-夏フェス
-

Copyright© めろこ , 2018 All Rights Reserved.