夏のスーツ

夏のスーツが汗臭い! 戦う社会人に贈る汗対策法や便利グッズ!

更新日:

スーツ 汗

暑い夏でもスーツを着なくてはいけない社会人の方が多いと思います。スーツって体にフィットしている分暑かったり、暗い色がほとんどで日光を吸収したり、中でも外でも暑く感じますよね。

私も普段はスーツで働いていて、小売業ですのでお店を歩き回ったり、重いものを運んだり、しゃがんで立ってを繰り返したりで、夏は特に暑くて汗をかきながら仕事をしています。元々汗っかきというのもあって一度汗をかくと止まらなくなってしまいます。ウェットティッシュで顔を拭いたり、制汗剤をつけたり、自分なりの対処をしていますが、「今自分臭くないかな」と不安になります。

またスーツは社会人にとって身だしなみですよね。汗をかくと匂いがついてしまうだけでなく、汚れや傷みが現れると格好悪くなってしまいます。クリーニングに毎回出すのはお金がかかってしまうなど臭い以外にも悩み事は多いことでしょう。

そこで今回は、夏でもスーツの社会人の方やこれから就職活動を行う方のために、夏の汗対策について紹介したいと思います。汗の対処法だけでなく、おすすめ汗対策グッズやスーツの手入れにも触れます。暑い夏でも汗対策をしっかりしてスッキリさわやかに働きましょう。

汗は夏のスーツ社会人の敵

夏場のスーツは本当に暑いですよね。「今すぐ半袖短パンになりたい」と思うくらいです。

汗をかくと臭いがついてしまいますし、社会人にとって毎日着るユニフォームであるスーツに汚れやシミがついてしまいます。汗は水分ですので、スーツが吸い込んで形が崩れる原因にもなります。

大事な商談や接客で、汗臭くて形の崩れたスーツで臨むわけにはいきませんしね。しっかりと汗対策をして夏の敵である汗に勝利しましょう。

汗対策はこれでカンペキ!

クリーニングは実は効果がない!?

クリーニング

汚れたらとりあえずクリーニングすれば大丈夫だと思って、スーツもクリーニングしていませんか。クリーニングは油で洗うドライクリーニングという方法を使っているので、人間から排出された汚れは落ちないそうです。

またクリーニングの洗剤が生地を傷めてしまいます。ですがスーツは普通水洗いできません。どう汚れを落とせばよいでしょうか。

毎日のケアが一番の汗対策

スーツ 汗

スーツの汗対策は毎日のケアが大切です。まず帰宅したら休む前にスーツを脱ぎましょう。ブラッシング、汗の拭き取りを毎日の習慣にするのがベストです。

ブラッシングは、汚れや埃などをとることができるので、優しくブラシをかけましょう。

汗の拭き取りは、よく汗をかく襟や脇、背中などを中心に濡れタオルで軽く叩きながらやりましょう。一通りケアをしたらハンガーに干して完了です。その際、ポケットのものは全部出しましょう。型崩れの原因につながるので、つい仕事道具を入れたままにしている方は注意が必要です。

アイロンの仕方でも、スーツの状態の維持や臭いをとることができます。生地に合った温度でアイロンをかけることや当て布をするなど適切なアイロンがけで、汗対策だけでなく身だしなみも整えることができます。

スーツにもおやすみが必要

毎日着るスーツですが、社会人の方が疲れて休みたいように、スーツにもおやすみが必要です。

1日着るだけでも表面の汚れだけでなく、汗などの水分を吸ってしまうので、1日着たら次の日は別のスーツにして、干してあげましょう。スーツを長持ちさせる方法でもあるので実践したいですね。

洗えるスーツが便利

汗をすごくかいて手入れが間に合わない方や1着しか持っていない方、忙しくて余裕がない方には洗えるスーツである、ウォッシャブルスーツがおすすめです。水洗いができるので、クリーニングよりも効果的ですし、家で洗濯できるところが便利ですね。

汗対策のおともに!おすすめ便利グッズ

制汗剤

体に塗ることで、ひんやりとしたクール感を得ることができます。外を歩いた後や力仕事をした後にさっと塗りたいですね。

冷却スプレー

ケイタイエアコンといった冷却スプレーもあります。持続性はありますが、衣類にかけるだけで瞬時に冷却してくれるので、暑くてどうしようもない時にシュッとスッキリしましょう。

シャツクール

衣類にあらかじめ吹きかけることで、ひんやり感を持続させてくれるものです。ケイタイエアコンと違って、持続性があるので出勤前に吹きかけることで汗予防できますね。

汗脇パッド

衣類に貼るタイプと脇に直接貼るタイプのものがあります。スーツやワイシャツの脇のシミを防ぐことができるので、夏には持っておきたいアイテムです。

まとめ

1.汗はスーツ社会人には対策が必要です。臭いやスーツの傷みなどを予防・対処して身だしなみを整えましょう。

2.毎日のブラッシング、汗の拭き取りを習慣にしましょう。同じスーツを連続で着ないことも大切です。手入れする余裕がない方はウォッシャブルスーツをおすすめします。

3.制汗剤や冷却スプレー、脇汗パッドなど汗対策グッズを活用しましょう。

 

夏のスーツ社会人の汗対策いかがでしたでしょうか。

多くの方が汗に悩む中、汗対策をしっかりしてさわやかに仕事をできれば格好良いですよね。臭いなし、スーツ長持ちで一石二鳥です。汗対策で暑い夏を乗り切りましょう。

-夏のスーツ

Copyright© めろこ , 2018 All Rights Reserved.