父の日

父の日には写真をアレンジした贈り物を渡してみませんか?

投稿日:

毎年父の日には、どんなプレゼントを贈ったら良いか迷う人も多いでしょう。毎日使える物や、便利グッズなども良いですが、写真をアレンジした贈り物もきっと喜ばれます。父親にとって、やはり自分の子供や家族の写っている写真は大切に思うものです。

特に離れて暮らしている人は、見るだけで元気をもらえる活力になります。子供一人で写っているものの他に、兄弟がいれば兄弟揃って、家族みんなのものがあればより仲の良さを感じることができます。父の日なので、そのままあげるよりもちょっと素敵に工夫してみてください。

電車で通勤するお父さんなら、パスケースと一緒に贈るのがおすすめです。パスケースの中に、写真を仕込んでおきましょう。あえて中に入っていることは隠したうえでプレゼントします。パスケースを開いた時に、子供の顔が目に入る仕組みにするのです。パスケースだけでも喜ぶと思いますが、ちょっとしたサプライズのつもりで楽しんでみてください。家で飾れるように、フォトフレームに入れるのも素敵に映えます。

この場合、フォトフレームは自分なりのアレンジをするのがポイントです。シンプルなフレームを買ってきて、ここにお父さんの好きなものを飾りつけるのです。趣味やコレクションしているもの、職業や好きなものに関するものを散りばめると、きっと目を惹くはずです。

釣りが趣味なら魚や海のモチーフを飾ったり、職業に関するミニチュアの小物を紙粘土で手作りするのも凝って見えます。フレームの周りに接着剤でしっかりと付けてください。小さいお子さんなら直接絵を描いても良いし、リボンやボタンなどで飾っても可愛らしく仕上がります。あえて手作り感満載にすることで、子供からの気持ちも伝わりやすくなるのです。下手でも良いので頑張って作ってみましょう。

笑いを取りたい人は、写真入りのクッションやTシャツを作るのはいかがでしょうか?ネットなどでも注文できるし、ウケを狙うなら抜群の逸品です。マグカップや手提げ袋など、作れる種類も豊富になるので、お父さんが一番笑ってくれそうなものを選びましょう。中にいれる写真にこだわるのも面白くなります。何かに扮装したり、家族で一文字を作って撮ってみたり、工夫次第で他には無いユニークな発想で考えてみます。大きめのフレームを使うなら、コラージュするのも個性的です。何枚かを切り貼りして、デザイン性の高い作品を作るとおしゃれになります。

考え方次第でアイデアは無限に広がっていくので、家族みんなで相談して作ると楽しいです。写真はそのままだと端が切れたり、変色してしまったりする可能性が出てきます。特にパスケースに入れたり、そのままプレゼントする場合は、時間と共に傷みやすくもなるのです。そんな時に役に立つのが、ラミネートです。透明のフィルムでコーティングして、熱を加えることでフィルムが固くなり丈夫になるのです。傷や破れ・変色を防ぐ効果があります。ぺらぺらした紙を、硬めのカードにするイメージです。

ラミネート専用の機械が必要になりますが、街中の現像屋さんなどで行ってくれる場合も多いです。また、100円ショップなどの粘着性のあるフィルムなら、機械を使わないで手軽に加工できます。アイロンを使うタイプのラミネート専用シートもバラエティ雑貨店や文房具店などに売っているので、チェックしてみてください。ラミネートするなら一緒に紙なども挟んでコーティングできるので、小さなメッセージカードも挟むのも良いでしょう。このように色々な方法でアレンジが効くので、親子ならではの暖かい贈り物になるのです。見るだけで家族のことを思いだせるし、絆も感じられる宝物になるはずです。

-父の日

Copyright© めろこ , 2019 All Rights Reserved.